治ってきたと思ったらまたできるニキビ

昔からニキビに悩まされており、二十代後半になった今もニキビが顔にできるので困っています。

新陳代謝の烈しい十代までだろうから二十代になったら綺麗な肌になり安定する、と思っていた私の思惑が外れ、毎日化粧をするときもにきびの部分に気を使わないといけないので苦戦しています。

ビタミンもサプリメントや果物でとるようにし、肌も朝は水洗顔だけにしてなるべく顔に負担がかからないようにしています。髪の毛も顔にあたらないようにする、など自分でできる範囲のことはしているつもりなのですが、どうも今ひとつ効果がないのです。枕カバーも週に一回は変えるようにしているのですが、清潔は保たれるものの、私が求めているにきびの部分に関しての解決がしないのです。

私のニキビは赤みを帯びて熱くなり痛くなるタイプなのですが、化粧をするときにそこに触れてしまうと痛みが増してしまいますしファンデーションを塗っているときに触ってニキビが破裂し膿が出てくると、化粧をもう一度直さなければならないのが苦痛なのです。

そして、そんなニキビからやっと開放された、と思うと新しいにきびの赤ちゃんが顔を出してくるのです。
脂もののとらないように心がけていますし、アーモンドも好きだったのですがそれも節制するようにしています。スマホにアプリを入れて、自分が一日に摂取してもよいカロリーや脂質の計算もしているのですが、それをオーバーしなくてもニキビができてしまうのです。

個人差があるので脂質をもっと控えたらいいのか、と思い控えると脂が体に廻らなくなるせいか、手や指がカサカサになってしまい違う部分に支障がでてしまうのです。

顔にだけ脂の周りがよいのかもしれない、と今は思っているのですが、だからといって全体的に脂質を控えると先述のとおり体のほかの部分に支障をきたしてしまいますので、人体というものはうまくいかないものだなと頭を抱えております。

もう少し年をとったら落ち着くのだろうか、とも思うのですが若いうちにしかできないような化粧などもしたいし若い肌は今のうちだけなので、何とかしてニキビを治したいのです。

コメントは受け付けていません。