ニキビの原因の意外な盲点

私は20代の時に酷い大人ニキビに悩まされていました。

頬からフェイスラインにかけて、肌が変色するほどニキビを繰り返していたのです。

もちろん、自分なりに対策をしていたつもりです。
皮膚科にも通ったし、基礎化粧品や化粧品も肌に合うものを選んでいました。

そんな私も30歳で結婚することになり、少しでもニキビを良くしたいとブライダルエステに通う事にしたのですが、そこのエステティシャンとの会話でスキンケアの話が持ち上がり、化粧品だけではなく、クレンジングや洗顔料にも気を付けた方が良いと聞きました。

私は当時、化粧品にはかなり気を付けていたのですが、クレンジングと洗顔料については、
「化粧品が落ちればOK、どうせ洗い流すし」
と思っていて、化粧品にお金がかかっていたので、洗顔は節約のため、母が使用していたビオレのクレンジング洗顔料を使っていたのです。

それをエステティシャンに言うと、「それはあまり良くないと思いますよ」とアドバイスを受け、その日の帰りにドラッグストアに寄り、敏感肌用のクレンジングと、なるべく刺激が少なそうな洗顔料を購入。
早速使い始めました。

その他にも、結婚前までには少しでも良くしたいという思いがあり、デトックス効果を期待してゲルマニウム温浴に通ったり、自宅でも半身浴をしたりと、今まで以上に工夫を重ねて頑張りました。

その結果、結婚式にはかなりマシになることができたのです。

結婚式のメイクさんにはぼそりと「正直助かりました」と言われました。

色々な努力の結果なのかもしれませんが、ターニングポイントはクレンジングと洗顔料を変更した時だと思っています。

毎日顔につけるという意味では、クレンジングや洗顔料も化粧品と同じだったのに、私はそれに気付かず無頓着でした。
まさかそれがニキビの原因だと思いもせず、全くの盲点だったのです。

でも、洗顔は毎日するもの、しかも朝と夜、最低2回行うものなのですから、肌に影響があって当然ですよね。

大人ニキビの原因は様々ですが、クレンジングと洗顔料にも細心の注意を払った方が良いと思います。

コメントは受け付けていません。